Photoshopの基礎、選択ツールや切り抜き周りについて。
使用する端末はMac、PhotoshopはCC2019として解説する。

選択ツール系統について今回は「長方形選択ツール」「多角形選択ツール」「自動選択ツール」の3つを紹介する。

  • 長方形選択ツールは、その名の通り四角の範囲でレイヤーを選択できる。選択した後deleteキーを押せば、その部分だけ切り取られる
  • 多角形選択ツールは、囲んだ部分を選択できる
  • 自動選択ツールは、クリックした場所と同じ色の部分を自動で選択してくれる。このあたりの具合は上部のパラメータ編集ブロックで調節可能

僕が主に使うのがこの3つ。これで多くのことができる。

ただ「自動選択ツール」はデフォルトのままでは、人の写真を切り抜くときに髪の毛などとても細かな部分まで切り抜くには少し不便さがある。そこで、自動選択ツールを選んでいるときに上部に出てくる「選択とマスク」という機能が便利。

「選択とマスク」についての詳細は 選択とマスクで正確な選択範囲を作成する方法 | Adobe Photoshop チュートリアル を見て欲しい。

次は「切り抜きツール」について。

このアクティブになっているアイコンが「切り抜きツール」。全体のトリミングができる。「土台のサイズを変えるのに使う」というイメージで良い。

次の記事では「レイヤースタイルとソフトライトなどの効果」について解説する。