Photoshopの基礎、レイヤーの取扱周りについて。
使用する端末はMac、PhotoshopはCC2019として解説する。

この十字の矢印のようなアイコンが「移動ツール」。
オブジェクトを選択することができる。

平らなシートが重なったようなアイコンが「レイヤー」。
これらのアイコンやウインドウの位置はカスタマイズできるので、どこにあるのかはケースによる。出現のさせ方などは別の記事で解説する。

写真を置いたり、文字を置いたり、新規レイヤーを自分で作ったり、それらはそれぞれひとつのレイヤーとして扱われる。それがこのレイヤーパネルで可視化される。以下はいろいろモノがある状態のレイヤーパネルの様子。

このように複数のレイヤーがある状態であればドラッグ&ドロップで重なり順序を入れ替えることができる。

  • ダブルクリックでレイヤーには名前をつけることができる。
  • 左側の目のアイコンをクリックすることで表示・非表示を切り替えられる
  • shiftを押しながらだと複数のレイヤーを選択でき、そのままcommand+Gでグループ(ディレクトリ、またはフォルダ)にひとまとめにできる。グループ化という。グループの頭文字の「G」で覚えると良い
  • グループに対してもレイヤーと同じ操作ができる
  • レイヤー・グループは不透明度の調整ができる。レイヤーパネル右上に配置されている

鍵のマークをクリックしてレイヤー・グループをロックすることができる。

最後に、レイヤーを複数選択した状態であれば左揃え・右揃えなど、好きな方向に揃えることができる。

次の記事では「選択ツール」について解説する。