ペンタブを使うにあたってソフトは何にするか調べていたことがあった。もちろん普段ペンタブ利用以外の面で使い慣れているPhotoshopは含める。Photoshopが利用されているケース、今後のアップデートも考慮すると加工、補正等では絶対に必要だと考えている。

ただし、ペンタブで利用するにあたって「線」に関して少し不安がある。描きやすい・描きにくいは絶対にあるはずだと思った。そんなことを考えていたところ、以前ペンタブ使いの後輩デザイナーがお勧めとして「CLIP STUDIO PAINT」をお勧めしていたのを思い出した。

売上No.1グラフィックスソフトであり、pixivで利用率No.1ペイントツール、世界のトップブランドからの信頼、50校を超える教育機関で導入、とのことだ。メジャーらしい。

自分がペンタブを使えるようになりたい理由は「表現の幅を広げるため」である。

  • 補足イラスト
  • 雰囲気を持つ概要図
  • Illustratorのパスを使わずに自分の好きな絵を描ける
  • 図解
  • キービジュアル作成

などなど、活用シーンは果てしなく広い。世界中のイラストを描く人、アートを描く人、漫画を描く人など、全ての人を尊敬している。その人たちのいろいろな知見を吸収し、活用できるようにしていくことが目的だ。

以下のサイトは、普段からよく閲覧していて、見るたびに最高の気分になる。絵は素晴らしい。

https://www.artstation.com

 

https://www.pixiv.net

 

https://www.pinterest.jp/keitakawamoto/coloring/

 

https://dribbble.com/keita_kawamoto/buckets/303606-Illustration

もー最高。

CLIP STUDIO PAINTの試用

早速インストールしてみた。

公式にてマニュアルへのリンクがあったのでざっと見てみる。じっくりと見るのは進めながらで良さそうだ。

「PRO」と「EX」の2種類があり、どちらが用途に合うか比較を見てみたところ、PROで十分そうだった。実際に描いてみる。

確かに、Photoshopよりも滑らかに描ける気がする。体感的に。しばらく試してみようと思う。