ペンを使う上で重要なブラシ。Photoshopのブラシはブラシウインドウで管理できる。調べていたらちょうどcc2018から仕様が変わっていることを知った。

cc2017以前はディレクトリ管理できなかったが、できるようになったようだ。この機能を使いたいのでcc2018にアップデートして再開。

ブラシウインドウで、以下のようにディレクトリにまとめる。

現状のバックアップは、「プリセットマネージャー」から行う。

 

⌘Aで全選択し「セットを保存」から保存。そのあと、⌘Aで全選択->全削除してバックアップの読み込みテスト。

これが先ほどバックアップした.abrファイル(ブラシデータファイル)。

これを読み込めば、CC2018があればどの端末でも自分のブラシ集を使うことができるようになった。

 

描くために腕を置いてたら検知されて画面が動くのがつらいので解決

検知されてしまい、画面が勝手に動く。だいぶ辛いので、ジェスチャー系をすべてOFFにした。

これで快適に描けるようになった。